スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
眼鏡発見
2007 / 08 / 01 ( Wed )
前出『滞在許可書の話し』を今読み返してみると、長いですねー、
書いてることが。自分で書いて自分で言うてるからタチ悪いですな。
いや、いつもすいません。滞在許可書関係は熱くなってしまうもんで。

ところで、失くしたボブの眼鏡ですが。
移民局に電話しても誰も出ないし、眼鏡なしだと不便だってので、
ボブが取りに行きました。
でも移民局にあるという確信はなく、もしかしたらないかもしれない、
無駄足になるかもしれないので、遠いし暑いし、
ひとりで行かせたら悪いなと思って「私も行くよ」と言ったのですが、
「暑いし、きみは耐えられないだろう?」とありがたいお言葉を頂き
ひとりで行ってもらいました。

やっぱり移民局の窓口で用紙に記入していたときに忘れてたようで、
窓口へ行って「先日来たときに眼鏡を忘れて…」と言ったら、出てきたそうです。
「ここ数日で取りに来なかったら、(私の滞在許可書申請)ファイルに
 入れておいて、次回来たときに渡そうと思ってたわ」
と、窓口のお姉さんはおっしゃったそうです。
私達のこと覚えてたんかい!結構な数の人がいたのになんで私達って覚えてるねん!
とちょっと驚きがあったのですが。
いやはや。見つかって良かったです。

ボブ:「あ~、良かった。この眼鏡のためだけに○○(うちの地名)から来たんですよ」
窓口:「えぇっ!?○○から!?!?」

窓口のお姉さんものすごくびっくりしてたそうです。
えぇ、そうです、、、うちから移民局は遠いんですわ。
バス、電車、乗り換え、バスと、上手いこといって、
片道2時間弱で着けるんですよ。
バスで渋滞に巻き込まれたり、乗り換えがスムーズにいかないともっとかかるので。

てか、そんな驚くなら、なんでうちの町もローマの管轄下におくんですか!?
ただでさえローマは外国人が多いんだから、もうちょっと分けて支局みたいなのを
設置してくれても良いのに…。まぁしゃあない。
スポンサーサイト
03 : 11 : 59 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ただいま。 そして移民局へ。
2007 / 07 / 28 ( Sat )
ただいま。フランスから帰ってました。
帰りのフライトで荷物がパリに居残ったり、
いきなりボブが『僕の誕生日パーティーしようよ』と言い出し、
大慌てで用意・ベランダの大掃除をしたり、パーティーしたり、ローマへ出たり、
お客様がいらしたり、と中々イベントが盛り沢山な日々でした。

そして今日は。『無期限滞在許可書取得への道・続き編』。
移民局へ行ってきました。

また呼び出しは『9時』とかになってましたけどね、
前みたいに「みんな9時に来て番号とって待ってるんだから」と、
表示されても『呼び出し:9時』の意味が全くないので、
早めに行って、なるべく先の番号を貰えるようにと
4時45分起きで、用意して家を出ました。

7時半だったかなぁ、移民局に着いたのは。
もう既に結構な数の人が待ってましたよ。

そして8時半開門。中に入って行って、受付の人に番号もらったんです。
が。なんかどうももらった番号の窓口が変だと思って。
窓口に種類があって、私のは合っていないような気がして。
ボブもそう思ったらしく、既にもう質問したそうで。でも合ってるって。

しばらく待って、待ちながら周りを見渡すと、私と同じような
郵送済みの券を持ってる人が違う窓口に呼ばれて、進んでいってる、、、

ボブは「また聞いてくる」と言い、2度目の質問。でも合ってるそうで。
「そうなん?ありがとう」と答えて待つのですが。が。なんだかなぁ。
またしばらく待ってたんですけどね、「なんか違うんちゃうん?」という思いが
拭いきれず。ボブも同じように感じていたのか、窓口のお姉さんが違う人に
変わったときにまた「きいてくる」と。

そしたら、待ってる場所違ってたんですよ!違う建物へ行けって。
大慌てで出て、言われた建物へ行くと、行列が。。。
「最初からここへ来るようにきちんと指示を出してくれてたら、
こんなにまた待たずに済んだのに!早起きして来た意味が無い!」
と、ボブ爆発。「2度も聞いたんやで!きちんと案内できない人は案内するなよ!」

しゃあない。ここで列をついて待って。
受付で「1階の000番号の部屋で待つように」と言われて部屋へ行ったのですが。
雰囲気が違うんですよ。なんか。部屋で待ってる人に
「滞在許可書関係で待つのってここで合ってるのかしら?」と聞いてみたら
「あ、僕は国籍取得だから」って!
ひぇ~また違うのか?!とか思いつつ、誰も通らないので、その人と話していたら
どうやらこの部屋で待ってる人って、みんな伊国籍取得申請してる人。。。

しばらく待ってたら制服来た人が歩いてたのでボブは近寄って事情を説明すると、
「2階ですね、2階。あっち行って」

また違ってたよ!一体どうなってんねん!
大慌てで2階へ行ったら、十人近く並んでて…。
またここで間違ってたら、これ以上の時間の無駄は無いので、
ボブは並んでる人に「質問だけなので、先に通してもらえませんか?」と
軽く事情を話してみんなにお願いして、通させてもらいました。
この国でこんな状況(列)に日常合う方には分かってもらえると思うのですが、
これで神経逆撫で状態になる方が結構いはるんですよね。
「なんでやねん!俺も待ってるっちゅうねん!」と怒りだす方もいて。
列で待ってる方は苦い顔をされた方も居ましたが、みんな通してくれて。
でも窓口の係員が。「質問だけ…」と口を開いただけで、どデカイ声で
「みんな待ってるんだから!ちゃん並ばないといけないでしょう!」

分かってますがな。でも、あんたの同僚に何度も間違った指示出されて、
間違った場所で待ってたから、これ以上不必要な待ち時間を出したくないねん。

ボブは軽く事情を説明して、「知りたいのは、ただ、
 私達はここの窓口で合っているんでしょうか?また間違ってませんか?」
「合ってるわ、でもほら、最後尾に行ってちゃんと並んで!!」
…分かってるっちゅうねん。なんで怒鳴るねん。

やっと私の番になり、みてもらって、「あっちの部屋の前で順番がくるまで待つように」
と言われ、移動して、また待って。

そして私の番。
「なぜ無期限の滞在許可書を申請したのですか?」と質問されて。
「普通の期限付きの滞在許可書より良いでしょう?安心できるし」と応答。
「そうですね。滞在許可書の種類は?」
「家族です。結婚しています。」
「あ~!いつ結婚されましたか?
 (ボブに向かって)あなたはイタリア国籍を所有していますか?」

…で、結論。
「はい、この用紙記入してー」と、また申請し直しましたよ。一から。必要書類(コピー)提出して。
幸いにも「またなんかあるんちゃうか」と必要書類は全部揃えて持って行ってました。
写真(4枚)も持ってたし、パスポートの全ページのコピーまでしてたっちゅうねん。
まさか必要になるとは。

「郵送したのを待ってたら、また数ヶ月は悠にかかるからね~、これだと1ヶ月だよ。
 イタリア国籍を所有している人と結婚している場合のは、これで早いんだよ」

…そうですか、、、それはそれはお気をつかって申請をし直すように
勝手に?手続きを取り始めてくださってありがとうございます、、、

またあちこち窓口を回されて、ボブも記入したりするのがあって(*)。
9月に予約をとって、移民局を出ました。

…出たら、また喧嘩してる人居てるし、、、
来たときも、駐車スペースを巡ってらしい喧嘩で、大声で罵倒・暴言のオンパレード。
そうだ。列ついて待ってるときもめっちゃナーバスにしてくれる人がいて。
特に私の隣で待ってた人。まるでリピートボタンを押したかのように
延々と同じことを繰り返し言うんですよ。ずーーっとですよ。もうええっちゅうねん。
他にもナーバス体験あったんですけど、もう長いし腹立つしこのくらいで。
帰りの電車はやっぱり空調無しで窓が小さい新しい電車で、
目的到着寸前にちょっとクラッときましたが。
汗だっくだくでズボンが濡れて色変わってるんちゃうかと心配したくらいな、
動く灼熱オーブントレインに乗って帰ってきました。

やっと家についたと思ったら、郵便受けには。
ずーっと待ってた配達、しかも10キロ近い重さのものの不在配達通知が。
(ボブ・らら・声を合わせて) 「絶対今日届くと思ってた!」
日本みたいな国じゃないですから。一度不在だと自分で取りに行かないといけません。

そして、部屋に入って気がついたら。
ボブの眼鏡が…。見つかりませんがな。
移民局に忘れてきたみたいですよ、奥さん!たぶん(*)印の時とみたよ!

あぁ、なんてこったい!
また眼鏡だけをとりに移民局へ!?
しかも移民局で保管してくれているとは確かじゃないし。
電話しても出ないし!

とりあえずは、今日はもうヘトヘトなので早寝です。
…え?あ、そうでしたね。まだ早寝早起き続いてまっす。。。

みなさま、良い週末を!


追記:また一から申請し直したのは、別に良いんですけど、
あの前に郵送で申請した分は、どうなるんでしょうか。
気になるとこです。
02 : 42 : 35 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
移民局、阿鼻叫喚地獄絵図の巻
2007 / 06 / 27 ( Wed )
移民局へ行ってきました。滞在許可書の件で。
先日のことがあり、問い合わせると「移民局へ行け」と言われ、
9時の予約でした。

うちは車無しなんで、公共の交通機関を利用しています。
乗り継ぎが何度かあるので、上手く行かない場合を計算して、
早めにうちを出たんですね。
ネットで行き先を調べると「○×駅からは15分間隔でバス発車」なぁんて
書いてあったのに。あぁ。30分は待ってやっときましたよ。
そしてそのバスには「移民局」と電光表示板が出てあり、
まるで『外国人御一行様』と歓迎されているかのような気分で和む私達。
待っていた外国人のみなさま一緒に「専用バスみたいね♪」と盛り上がる。

・・・が。渋滞に巻き込まれてですね、バスが進まんのですよ。
もう時間に間に合わへんのんとちゃうかとヤキモキしてやっと着いたのが
9時5分。時間に遅れると予約がキャンセルされることがあるので、
ビビリながら小走りで入って、受付のお姉さんに予約の紙を見せて
説明すると、「はい」と60番の番号。『54人の人が待っています』の文字が・・・。

「9時に予約があるのですが」
「そういう人が何人もいるのよ。順番に待たなきゃ」

え?!『9時に予約がある』人が複数いるんですか??
そして予約無しの人と一緒に着いた順に番号待ちするとは。
なぜ予約を出すのだろう?全く無意味なように思えるのですが。
腑に落ちない部分があったのですが、とりあえず待つことに。

待ってる間にいろんなこと見ましたよー
難民系らしい移民の方が窓口にいらしたんだけど、段々声をあげていって、
そのうち「もう私はやってられない」や「何度も足を運んできたのに」と
大声で言い出し始めて。そのうち屈辱な言葉も出て。
で、その人の窓口はふさがってるわけですよ。文句を言うだけで
手続きは進んでいないのは見ているだけで分かります。
私が気がついたときには20分は過ぎていたので、もっと時間は経ったでしょう。
そしたらいきなり外国人妻の同伴者として来たイタリア男性が立ち上がり
「ええ加減にしろよ!みんな待ってるんだぜ!さっさと切り上げろよ!!」
と大声で怒り爆発。そしたらその移民の方の同伴者もキレちゃって
「なに言うてんねん!あっち行けや!」と暴言まで出て炸裂。
周りもざわざわしだして、なんか人も集まってきちゃうし。
そのうちガードマンみたいな人と受付のお姉さんがきて、落ち着かせたのですが。

他には、たまにあっちの窓口からそっちの窓口に流される場合があるのか、
人が流れるんですよ。そしたらこの伊人男、何度か立ち上がり
「ちゃんと番号待ちしろよ!横入りすんなよ!!そんな狡い手使うな!」
と大きい声で近寄って怒鳴るんですよ。でも『狡い手』を使ったわけじゃないわけで。

なんか殺気立ってるなぁと思っていたら、まだこんなん序の口でしたよ!
イタリアでは妊婦さんは優先させるという法律があり、どこに行っても
列につかなくてすむようになってるんですね。
そしてこれは私は知らなかったのですが、月齢3ヶ月以下の乳児を連れている場合も
列に並ばなくてもいいと法律にあるようです。
移民局でも同じことなので優先されて、番号通りに進まないときもあるんです。

ちょくちょく受付のお姉さんは、こんな人たちを窓口に直接案内して
優先させて通していたのですが、そんな時。

小さな小さな赤ちゃんを抱っこした外国人女性が窓口に近寄ると
前出の伊人男がまた登場です。
「いい加減にしろよ!ちゃんと並べよ!順番があるんじゃ!!」
めちゃくちゃ大きい声で、言葉使いも綺麗とはいえず。
でも外国人女性も負けちゃあいません。
「月齢3ヶ月以下の『子供』を連れている場合優先される法律がイタリアにはあるのよ!」
そして外国人女性の夫と見られるイタリア人男性登場。
夫「そうだよ!僕たちにかまうなよ」
男「何言うとんじゃ!俺にも『子供』がおるんや!」
妻「それじゃあ、なぜあなたは受付の女性に言わなかったのよ。
  あなたが受付に言わなくて優先されないのは、私達のせいじゃないわ。」
男「とりあえず俺にも『子供』がおって、あんたたちより先に来てるんやから
  俺らが先に窓口にいく権利がある!」
夫「僕たちは知らないよ。僕たちはきちんと受付を通したんだから、僕たちの番だ」
男「俺にも『子供』がおるんじゃ!法の下には皆平等じゃ!
  (『子供』を)連れてきてやる!」

…と、3ヶ月乳児に対抗していた、連れてきた男の『子供』というのが、
どう幼くみても二桁の歳にはいってるだろう男の子…。でかいんですよ。
無理矢理抱っこをして連れてきてはいても、やっぱり大きい。

夫「そんな11歳の少年と3ヶ月の乳児を一緒にするのか!?」
男「法の下には皆平等じゃ!子供は子供じゃ!法の下には皆平等じゃあああ」

『法の下には皆平等』を繰り返すばかりで、そのうちこの男の妻まで
近寄ってきて、一緒に大声で怒鳴ってます。

こんな調子でずーっと怒鳴りあっているんで会場全体に聞えわたってるんですよ。
そしてですね、会場内には小さな子供、それも乳児を連れた外国人同士の夫婦が沢山いました。
彼たちはこんなことを聞いた、しかも11歳の子供連れを『優先』させようとしているもんやから、
聞き逃せない。側に座ってる旦那を肘でこづいて「あんたも窓口に近寄ってきな」とサインを送り、
わらわらと人が集まって・・・

会場内は阿鼻叫喚地獄絵図。
喚いている人・怒鳴ってる人がいるし、目が覚めて泣き出す乳児は
いるわ、ただでさえ暑いからぐずってる子供もいるのにもっとぐずりだしたり
警備官が出てきて落ち着くように体制とっても、人が多すぎて効き目がいまいち。
そして窓口の前で怒鳴ってるもんだから、他の窓口で声が全然聞えなくて
そこでも業務がストップしちゃってるんですよ。
もう凄かったですよ。

この地獄絵図出来事、1時間ちょいの間で全て繰り広げられました。
その間、進んだ番号は、13番だけて・・・。みんな騒いでるからだよ。

でも観察してると、騒ぎ立てたりしてるのって、イタリア人の男性(付き添い)のような。
前出の男性達以外にも、ウロウロと歩き回り、ガードマンにたてついて
物を言ってるイタリア人男性二人ほど見たし。
あと東欧州出身女性の方も気が強い方が結構いらして。
反面、フィリピン人やバングラデシュ人はおとなしいというか。

待ってる間に中東系の人に窓口と番号について聞かれて、
答えたんだけど、顔が『?』マークだったので、
「分かってもらえなかったなぁ」と思っていたら、また戻っていらして。
同じこと聞くんですね。今度はボブが「エジプト人だろ?」ときくと
そうだったので、アラビア語で説明したんですよ。
母国語やったら分かってもらえると思ったんだけど、それでも『?』マークが。
ボブは「まだ分かってなさそうやな」と言って。
で、ふと気がついたんですよ。もしかしたら、初めての体験で待ち人数が多くて
理解できてないんじゃないかな、と。
彼は111番号を持っていたんですけど、その時の電光表示板は
23番を示していました。そう、彼の前に90人ほどの人が待ってるんですよ。

私も初めの頃、よく似た経験して説明受けても理解できてないことがありました。
そうボブに言ったら「あぁ、そうか」と。で、また近寄ってきたんですよ!エジプト人。
それでボブがアラビア語で「90人ほどの人が待っていて・・・」と説明すると
やっと分かったようで。
全然進まない電光表示板を眺めていると、理解できないのはしゃあないでしょう。

へたな映画をみるより、ドキドキ・ハラハラ・エモーションを感じることができる移民局。
日常に刺激が足りない方にはおすすめです。


あ、私の滞在許可書。
移民局から警察署を通して「来い」と言われたのに、
「来なくても良かったのに」て言われました・・・。誰が「来い」て言うたんや。
書類審査はとおっていて、呼び出しを待て、らしいです。。
なんのために行ったのかわかりませんが、、、あぁそうか。エモーションのためか。
02 : 41 : 16 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
システム障害か、それともデータを削除されたのか(その後2)
2007 / 06 / 21 ( Thu )
4月に無期限な滞在許可書を申請したと書いたのですが、その後1のその後2です。

その後1に書いたように、毎日サイトに入って、いつ出頭日時が表示されるかと
見てたんですけど、いつも日時の欄は空欄だったんですね。
ところが昨日はその空欄に『出頭無し』と書いてあって。
「どういうことやろ?」とボブと言いながら、今日またサイトに入って
チェックしようかと思ったら入れないんですよ。
『このユーザーは有効ではありません』 と表示が!

どういうことなんでしょうか。昨日のこともあるし、私はシステム障害と思って、
別に深く考えないでシャワーを浴びに行ったんですが、ボブは吃驚したようです。
私のデータが消去されて、アーカイブ入りされたと思ったようで。
慌てて警察署の外国人窓口で働いている知り合いに電話して話したようで、
私がシャワー浴び終わったのもそこそこにドアの後ろから話しかけてくるんですよ。

「アーカイブ入りされたかもしれないって!」
「なんやて??」
「あれは悪い兆候やって。このままやったら、また1からやり直しせなあかんって!」

…そ、そんな、、、
システム障害やないの??そうやと思う、いや、思いたいんやけど、、、
また1からやり直しって、書類集めて、コピーして、72ユーロをまた払う・・・?

ボブは警察署の知り合いが『悪い兆候だ』と言ったので、
詳しい人がそんなこと言うのでそっち信じてるみたいだし。
そして「いったいどこに問い合わせたら良いんだ?」との問いには
「正直に言うと、僕にも分からないんだよ」。
そ、そんな!警察署・外国人窓口のあなたがそんなこと言うたら最後ですやん!
どうせえっちゅうねん!

あぁ。どうなるんだ。
ちなみに保険のプラスチックのカードも届いてません。

ビバ・イタリア!伊太利亜万歳!


…やけくそ入ってます。スイマセン
04 : 54 : 53 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
保険カードが届かない。でも1ヶ月なら。
2007 / 06 / 06 ( Wed )
以前にも書いた期限切れのプラスチックの保険カード。(第一話第二話。)
更新して、でも届かなくて、でもでもそろそろ届いているはず、でした。
が、あぁ。みなさまもご想像のとおり、まだ届いていません。

来月10日間ほどフランスへ行くので、一応持って行きたいのです。
(このプラスチックの保険カードは欧州でも昔のE111として使えます)
「まだ届いていないということは、郵送途中のどこぞで紛失したのかも(よくある話)。
 申請して届くのが1ヶ月かかるということは、今行かないと間に合わない」
と思い、また管轄の保険局(A.S.L.=Azienda Sanitaria Locale )へ
行ってきました。

今回はですね、業を煮やしたボブがあちこち電話して相談し、
「保険局には『相談窓口』なるものがあり、そこで苦情も受け付けている」
という情報を事前に得ていました。もし相談口で当たった人が解決できなかったら
そこの責任者に直接手紙を送ろうということで、手紙まで用意して
意気込んで行ってきたんですよ。

そしたら珍しく(失礼)話しを分かってくれる人に当たりました。
云々と説明し、
 「届くのに1ヶ月かかる、それが普通と言われて待っていたが、届かない」 と言うと
 「届くのに1ヶ月もかかるということが、なぜ、なにを持って『それが普通』と言えるのか?!」
その方も呆れた表情をされてましたが、、、私達には分かりません。
そして「もちろん僕も同じ職場で働いているわけだが、これはいつも分からんよ」て。

珍しい方もいらっしゃるもんです。こういう方が相談窓口にいらっしゃって良かったよ。
ただ、届いていないということに対しては、なにもできなくて。
もしかしたら1ヶ月かかるとこがもっとかかるのかも、、、ということで。(よくある話)
なので「もうしばらく待ってください」て。
でもね、来月フランスに行くのに、あの保険のカードは期限が切れているから
使えないじゃないか、もし出発前に届かなかったらどうすれば良いのか、とたずねると

 「仮の物を出すことができます。1ヶ月しか有効期限がありませんが」

ですって、奥さん!保険カードの期限が切れていて、でも旅行に行くという方。
こういう手がありますよ!保険局へ走ってください!

また保険局へ出直さないといけないのか・・・、と思っていたのですが、
この親切な方が取り計らって、手続き窓口のお姉さんに説明してくれて、
仮の物(といっても紙切れ一枚ですが)を7月いっぱい分の日付で出してくれました。
そして、一応私のデータの確認と(間違っていたら、うちには永遠に届かないから)。

私のデータは正しく入力されているので、届くのを待つしかないそうです。
いつ届くかしらん。とりあえず7月はカバーできたのでのんびり待ってみます。
02 : 33 : 03 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
保険カードのその後
2007 / 05 / 16 ( Wed )
先月、プラスチックの保険カードの期限が切れていて
その更新のために税務署(Agenzia delle Entrate)へ行きました。
その時に窓口のおじさんに
「一ヵ月後くらいに保険局(ASL)へ行って、申請するように」
と言われていたので、保険局に行ってきましたよ。

中に入るといつもに増して人・人・人!
『うわー、今日は保険局での待ち時間記録塗り替えそうやな』と思ったんですけど、
やっぱり。2時間半は待ちました。
座るとこが少ないから立って待たないといけないし、
待ち時間がこれだから殺気立っちゃう人も複数いて。
しかもこんな時に限って、窓口の元同僚と思える方の赤ちゃん抱いて
守衛さんが窓口側に入って窓口お姉さんたちに見せに行っちゃって。
「きゃー!OOちゃんの赤ちゃん?!可愛い~~」とかやっちゃってて、もう。
待ってる人の間からブーイングが!殺気が!怖ろしや。

やっと私の番になって、事情を説明して更新カードを発行して欲しいと言うと
「この手続きは時間がかかるので待たないといけませんよ」
ひゃー。でもまたバス乗って出直すのも嫌だし、できるだけ早く終わらせたいので
待ってたんだけど、、、しばらくパソコンでパチパチしていたお姉さん「できないわねぇ」て。
『なんですか?!できないて。お姉さん、頼みますから。』と祈っていたら
「あー、もうお宅に送付されてますね。だからだ」て。

聞いてみると、税務署のほうから2週間前にうちの住所に送付されたそうで。
…保険局から送られてくるんじゃなかったのか、、、税務署のおじさんそう言いましたやん、、、
でも、送られてから2週間経っても、まだうちに届いていないってことは
道中迷子になったってことでは?! ・・・と窓口のお姉さんにたずねると
「いやぁ~、1ヵ月かかりますよ」て。まるで当たり前の事かのように。
・・・郵便物届くのに1ヶ月かかるんですか?

なんかよく分かりませんが、とりあえずうちに送られたということで。
なんか『保険局に行かなくてもよかったんじゃないか(=半日無駄にした)』という
思いがちらっとしましたが、知らずにいるよりかは知れて良かったと思うことにして…。
…んじゃないとやってられませんやん。ぐぅ。

1ヶ月かかるのが当たり前らしい郵便物が無事届きますように。


追記:
保険局出際に聞こえた会話で知ったのですが。
あんなにいつもより増して混んでいた原因が、先週4日間にわたって
パソコンのシステムが起動しなくて、全くつかえなかったそうで。
4日間も使えないって・・・。
03 : 34 : 45 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無期限滞在許可書申請の続き(その後1)
2007 / 04 / 23 ( Mon )
先々週申請した無期限の滞在許可書
先週某日、まだ早いと思いながらも好奇心で Il Portale Immigrazione のサイトへ行き、
右側下にある『Area Riservata Stranieri』と書いてある鍵の絵と共なアイコンを
クリックしてこのページを開いて、
そして、滞在許可書を郵便局の窓口で申請した時にもらったこの紙↓の
郵便局でもらった3枚の紙きれの1枚
『PASSWORD*』と『USER ID』を入れてサインイン。(*パスワードの中にある-は省いて全部の数字を挿入)

これで、申請した滞在許可書がどの時点にあるのか見ることができます。
この日見たときには『不適宜。書類不備』と書いてあって、びっくり!
「書類は多いことはあっても足りないことは絶対ないで!」と
ボブと二人でパソコンの前で固まってしまいました。
窓口のおばちゃんの予言は当たったのか…?!
おばちゃんは「58ユーロは無駄になるからね!」て言うてたけど、
実際は中に14,62ユーロの印紙も貼ったんで、合計72ユーロですやん、、、。
いや、それよりまたやり直しっちゅうのが、嫌ですやん。

と、先週の某日は思わず荒れてしまったボブ家ですが。
今日「出頭日時が示されてるかも」と思い、またサイトへ入ってみたら。 ・・・!

書類不備の記述は消えていて、揃っているという記述になっていて、
ただいま書類選考中みたいです。…一応そう書いてあるんだけど、、、
あれは何だったんだ…。ボブにも見せたので私の夢じゃないのは確かなんだけど。

とりあえず、滞在許可書を申請したみなさま。
サイトで確認してネガティブな結果でも日が経てばかわることもあるかと
思いますので、こりずに折々確認してみてくださいね。

そして、返事のハガキは、十中二、三の人にしか届かないそうなので、
しっかりとパソコンで確認して、出頭日時が表示されたら即メモしましょう。

まだまだ道のりは続きますが、これさえ終わればもう二度と滞在許可書の
申請はしなくてすむはずなので、お互い忍の字で進みましょう。
19 : 10 : 09 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
プラスチックの保険カードの期限が切れて
2007 / 04 / 17 ( Tue )
かかりつけのドクターの名前等が記入されている紙切れの保険のカード以外に、
欧州内でも使えるプラスチックの保険のカード(Tessera sanitaria)があります。
欧州内で使う保険証

これがね、去年の10月で期限が切れてたんですわ。
こういう公的な書類の期限は、大抵が滞在許可証の期限と一致するはずなのに、
これに限っては、全然関係無い去年の10月でした。

期限が切れる前に居住地管轄の保険局(A.S.L.=Azienda Sanitaria Locale )へ
行って更新の手続きしたんですね。そしたら
「しばらくしたら新しいカードがお宅へ郵便物として届きます」だって。

『しばらく』てどのくらいかなと思いつつ、1ヶ月以上経ったころかな、
いつものごとく、待てど暮らせど届かないので、また保険局へ行ってきました。
そしたらパソコンが使えないらしく、話しにならなくてですね、、、
わざわざバス乗って出てきたってのに。なんてこったい。

しょうがないので、日を改めて出直して。
窓口で前と同じように事情を説明して届かなかったと言うと、
パソコンでパチパチと打った後、また同じように
「しばらしたら、新しいのがお宅へ届きます」の返事。

・・・が!これまた届かないんですよ!いくら待っても。
しょうがないので、また保険局へ。そしたら
「税務署(Agenzia delle Entrate)へ行ってください」て、、、。
他所へ回されてしまいました。

で、今日行ってきました。バスでガタガタ揺られて隣町まで。
やっと回ってきた私達の番号。窓口へ行って、事情を話した直後のおじさんの言葉
「保険局へ行ってください」
・・・聞いた瞬間ナーバス度がぐぐっと上昇。くらくらっと来たし。

そこでボブ、おじさんの目を見据えて
「まず僕の説明聞いてくれませんか?」
あぁ。この時ばかりは一緒に来てくれたボブに感謝。そして
・保険局には何度も足を運んだけど、無理だったこと。
・パソコン内で私の情報が衝突していて保険局では何ともできないこと。
・「税務署でしかできない」と言われたこと
を言いました。

そこでおじさん、私の身分証明書を見て、パソコンの画面を見ながらも
「保険局じゃないとなぁ」て言うてます。しかも何度も。
そこでボブも「保険局では無理なんですよ」と上で挙げたことも繰り返し。

ふと気がついたら、隣の窓口に居た係員も加わり「どうしたん?」て。
何度目かの「保険局じゃないとなぁ」の後に「あなたウンブリアに居たんですか?」て。
どうやら前のデータが残っていて、現在のものが入らなかったようです。
とりあえず直してくれたようで。でも相変わらず「保険局のはず…」て言うてるし。
もうええから。おじさんがしてくれたんやったらそれでええよ。

いつ新しい保険のカードが手にはいるのかなと思いたずねてみたら、
一ヵ月後くらいに保険局に私のデータが届くので、
それくらい経った頃に保険局まで出向きカードを申請しないといけなくて、
そしてカードが届くのを待つ、と。いったい、、、。
ボブも「コンピューターの時代になんでデータが届くのに1ヶ月も必要なんや」て。

なんでなんでしょうね。コンピューターに打ち込んで、プリントアウトして、
そして飛脚に託すのでしょうか。

なんにせよ、まずは無事私のデータが保険局へ届くことを祈ります。
そうじゃないと・・・ いったい何が私達を待っているのか。

伊在住の方、Tessera sanitariaの期限が切れていたら急いだほうが良いですよ。
欧州内旅行直前に思い出して、慌ててASLへ行っても間に合わない場合が出てくると思います。
特に他県から引っ越してきた方。予想以上に手強いかも、です。私みたいに・・・
03 : 26 : 12 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
やっぱりナーバスになる滞在許可書の云々
2007 / 04 / 15 ( Sun )
いつからだっけ。。。去年の12月かな?覚えて無いや。とにかく最近になってなんですけどね、
イタリアでも滞在許可書の申請や更新は郵便局を通してするようになったんですよ。

機会あるごとに書いてきてみなさんの耳にもタコができてるかも、ですが
イタリアで滞在許可書関係の手続きはもう忍耐力で勝負、で。
毎回何時間も警察署で並ばないといけないんですね。
以前テレビで見たニュースでは48時間前からずーっと並んで待ってるって人もいたし。
(そう、夜もそこで過ごすのね)

だから今回郵便局を通して手続きができるとなって喜んでいた私ですが、
手続きの書類を郵便局から配布されるはずだったのに数が足りなくて。
ニュースでも取り上げられていたくらいで、闇で売ってる人とかいて。

私の滞在許可書は、まだ切れないのでのんびりまっていました。
やっと先日申請書類(il kit giallo)が手に入りましたよ。
そして今回は!無期限の滞在許可書の申請に挑戦です。
(別に期限が切れるのを待たなくても、申請権利のある人は申請してもいいそうです。
というか、、、なんかものすごく月日がかかるそうなんで、期限が切れるのを待つより
早めに申請したほうが逆に良いと思います。)

今までも一応『Carta di soggiorno』というのがあったのですが、
これは10年ごとに公正認証を受けなければならなかったんですね。
確かに10年は5年に比べりゃましなんだけど『永久』じゃないやんと思っていた私。

今年の1月に変化がありました。
『Permesso di soggiorno CE per soggiornanti di lungo periodo』
というのに形を変え、無期限だそう!
Dall’8 gennaio 2007, la carta di soggiorno per cittadini stranieri e’ stata sostituita dal permesso di soggiorno CE per soggiornanti di lungo periodo.
Questo tipo permesso di soggiorno e’ a tempo indeterminato ...
=“Polizia di Stato
=

さっそく郵便局で手に入れた書類(kit)に必要事項を記入して・・・
なのですが。このkit、まだ更新されていないのか項目に
『Permesso di soggiorno CE per soggiornanti di lungo periodo』が無く、
未だに『Carta di soggiorno』になっていました。
(記入説明書もCarta di soggiornoしか項目がないし)

知り合いに警察署で働いている人がいるのでたずねてみたら
「そこに印をつけたらいいよ」ということで、そこに×印。

今日、郵便局から送ってきました。
私が添付した書類ですが:
(申請理由は、家族(Motivo famigliare)です。仕事(lavoro)じゃありません。)

・私のPermesso di soggiornoのコピー
・私のパスポートの全ページのコピー
・Comune発行の結婚証明書のコピー
・夫のパスポートのコピー
・夫の収入証明書のコピー*
・住居購入の証明書のコピー*

警察署で働いている知り合いは、*印の最後の2つは要らないと言いましたが、
どうも必要っぽい感じがするので、相談したら「送ったほうが安心ならいれたら」
ということで、いれました。
だっていつも外国人の滞在で問題に挙げられるのは
『生活費確保』と『住居地確保』ですやん。証明できるのは送ったほうが良いか、と。
注意するのは、全てコピーじゃないといけないんですね。
Comune発行の結婚証明書もオリジナルだとダメだそうです。
コピーしないといけないです。
印紙(la marca da bollo)14,62ユーロをタバコ屋さん(tabacchi)で購入し、
modulo1の最初のページの真ん中上に貼ります。

そして郵便局の窓口では、書類(Kit)提出の際に、パスポートとペルメッソのコピーは確認されるので
パスポートとペルメッソのオリジナルを持参しないといけません。

そこで、郵便局でもらう書類(Kit)と一緒にもらった振込用紙で、
27,50ユーロ振込みます。(もちろん前もって必要事項(住所・氏名)は記入)
プラス30ユーロを(送料?として)払います。

あ、郵便局に書類(Kit)を持ち込む場合は、封筒の口は開けたままですよ!!!
気をつけてくださいね。この↑振込んだ後の切れ端を郵便局の人が入れるので。

払い終わると、3種類の紙切れもらいます。大切にしててください。
(送ってから15日~20日くらい経っても、ハガキが届かない場合は、
Il Portale Immigrazione のサイトでどうなってるか確認できるそうです。
その時に3種類の紙切れの1つにあるUSER ID等が必要です。)

窓口でナーバスだったボブと窓口のおばちゃんとちょっととがったやりとりがあり、
その時におばちゃんに「もし間違ってたら、この58ユーロは無駄になるからね!」て
言われました・・・。

あぁ、どないなるねん、、、この申請上手いこと行きますように、、、



追記:
今回の私の『Permesso di soggiorno CE per soggiornanti di lungo periodo』の
申請添付書類は1つの基準として考えてくださいね。
必ずしも正しいとは私は言い切れません。
現に今は返事待ちの状態ですし。

そして上にも書いたように、私の申請理由は家族(Motivo famigliare)であり、
仕事(lavoro)の方は必要書類が違ってくると思います。

03 : 33 : 59 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。