スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
風邪がしつこいorタイミングが悪かった?
2005 / 06 / 30 ( Thu )
すいません、またまたお久しぶりです。
「もう大丈夫かな」と動いたら、、あらら。
再び布団を巣と化する日々を過ごしておりました。

なんでしょう?今年の夏風邪がしつこいんでしょうか?
それともタイミングが悪くて、ワタシが疲労している時だったからでしょうか?
おかげさまで、やっと大丈夫かなと思える体調となりました。

ワタシが『ゲホゴホ・グワァーーグショーーン(くしゃみ)、ボヘミアーン』状態中、
もう一人、オランダからいらしてるボブの先妻さんも『ゲロゲロ・ゲホゲホ』状態でした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ボブはワタシとは再婚で、先に、オランダ人である彼女と結婚し、
彼女との間に息子『ボブJr.』がいます。
昨年12月にJr.は結婚し、只今奥さんの『ミセスJr.』と二人暮らし。
先妻さんはオランダ在住、とてもよい方で、ワタシのことまで可愛がってくださいます。
年に一度(大抵夏)息子に会うことが第一目的でイタリアへいらっしゃいます。
今回、せっかく先日いらしたのに、、、どうやら飛行機内で風邪ひきさんと
隣同士で座ったのと、その次の日海辺で風に吹かれていたので大風邪になったよう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

先妻さんの様子を見に行ったボブは
「長年の結婚生活だったけど、あんなにひどい状態の彼女を見たことがない」と言うくらい。

と、こんな最悪な体調の先妻さま。
Jr.宅に滞在を招待されなかったため、家を留守にしている友人宅に
ひとりでいらっしゃいます。嘔吐がはげしくて寝込んでいて、買い物にも行けません。
こんな彼女を見たのにも関らず、Jr.夫妻はさっさと避暑地へと出かけて行きました、、、
 …うちだけですか?『どないなってるねん』と思ったのは。

金曜日Jr.からボブに電話がかかってきて
「ママの体調が全然良くならなくて…(云々)。 僕達は週末は(避暑地へ)行くよ」。

ボブ:「行くって、、せっかくオランダから会いに来てるママの体調が悪いんやで?」
Jr.「えぇ~、今さら(避暑地行きを)キャンセルできないよ!」

 …アホか。『今さらキャンセルできない』って。
友人のお子に洗礼の式があるそうでそれに出席するのも兼ねているらしい。
でもあんたが式を進行するわけでもなく、証人になるわけでもなく。
わざわざオランダから母親が、しかもあんたが会いに行かないから、年に一度来てるってのに。

…友達思いじゃないやつですかね、ワタシは。
でも友人達は知ってるんですけどねー、母親がオランダからわざわざ来てるって。

一旦電話を切ったボブですが、やはり思いが残ったらしく、電話をかけ直します。
「残って、ママの看病したほうがよくないか?」
「だーかーら!それだから僕達今日(金曜日)の出発遅らせたんだよ!」

…まるで出発を1日遅らせたのが、神の御加護だったかのよう。
それで何が変わったのかというと、何も変わってなくて。
『フルーツ風味・化学成分ジュース』と『ガチガチに冷たくて硬い青いバナナ2本』を
差し入れして、お出かけになられました。

まぁね、山に居た時にボブが足の怪我をして救急車で運ばれて入院・手術になった時も
一度も来なかったですしねー。
ワタシが免許を持っていないので、山の家に孤立してしまい、食料がなくなったと
知っていても、避暑地には隔週で行けても、うちには来ませんでした。
だから、あたりまえと言えばあたりまえなのかもしれませんが。

今回のことのおかげで、ワタシの中ではなにかが吹っ切れました。
今までは「ボブの息子なんやから…」とあれやこれやと考慮して配慮してきましたが、
「なぁーんや、こんなやつやったんやな」と。

ボブは「結婚してから変わった」としていますが、
確かに結婚してから激しくなったけど、前からそうやったから…

以前ですが、再婚して義理の子供とちょっといざこざがある友人が
「正直言うと、私は彼の子供達はどうでもいいのよ
今までなんとか努力したけど、向こうが私を嫌いならそれでいいのよ。
どうでもいいわ」と。

なんかこれ聞いた時に、目からウロコだったんですけど。
今になったらその気持ちが激しく分かりますわ。
ワタシも、もうどうでもええわ。
今考えたら、10年経ってます。関りがあるようになってから。
今まであれこれと配慮してきて、こうなんですからもうええでしょう。
まぁ、なにせボブの息子ですから、こう縁を切るというわけではなく。

「どうでもええ。出来るだけワタシのことは放っておいてくれ」
こんな感じですか。

…と、こんなこと考えてました。
長文にお付き合いしてくださった方、ありがとうございます。

Jr.夫妻が避暑地で悠々と過ごしている間、ボブは朝・夕と買い物・料理を
彼女に届けていました。幸い近所に滞在されていたしね。
ボブは「うちに来る?」と誘ったのですが
「ららちゃんも酷い風邪ひいてるし、私のとはタイプが違うみたいだし。
これでお互いがお互いの風邪を交換し合ったら大変なことになるわ」
ということで。ボブが足を運んでいました。

こう、私的な考えは吹っ切れても、なんか、、、
先妻さんがやるせないなという思いが拭いきれません。
スポンサーサイト
04 : 05 : 09 | あのさ、な徒然記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
届いてみたら、テーブルは大きすぎて
2005 / 06 / 24 ( Fri )
今回、主な家具はIKEAMondo Convenienza で購入したんです。
注文する前にあらかじめ空間サイズと合うかどうか確認していたつもりなのですが。

Mondo Convenienzaで購入した食卓として使う予定のテーブルが、
いざ部屋へ届いてみると、、、大きすぎます。
見た瞬間『うっわ、、大きすぎや、、』と即思ったのですが、口には出さず。

しばらくするとボブが「テーブル大きすぎると思わん?モニュメントみたいやで」と。
ボブも見た瞬間に大きすぎると思ったそうです。

ですが、もはや届いてしまって、配達人さんもお帰りになった後。
二人であーだこーだと言っていたのですが、数時間も経つと
「見慣れたらどうってことないな」ということに無理やりこじつけて。

・・・ですが、数日経ってもやっぱり『大きすぎる』という思いは残ってます。
思い切ってワタシは
Porta Portese (ローマ発信の『売ります・買います』情報誌)で売ったら?」
と出てみました。このPorta Portese(ポルタ・ポルテーゼ)では結構何でも売れるんです。
するとボブは
「まだ一度も使ってないんだよ?ダメもとでも家具屋に電話して問い合わせてみる!」

Mondo Convenienzaは、IKEAと違い、返品可能であることを宣伝していません。
なので、私達は無理だろうと思っていたのですが、、、

なんと、交換可能!
カタログにも宣伝も何とも書いていないのですが、7日間だと返還可能だそうで。
本当は二人でまた家具屋に行って目で見てみたかったのですが、
ワタシの体調がまだまだなので、電車とバスを乗り継いでの旅は
来週も無理そうだということで、今日ボブに独りで行ってもらいました。

在庫が無かったので、10日後に届くそう。
新しく届くテーブルの形は、今あるのと全く同じなのですが、
色がちょっと違うそうで。
ボブはこと細かに説明してくれました。
実際に見てみるのが楽しみです。

あ~、良かった。ダメもとでも試してみるもんですね。
02 : 54 : 47 | のほほん日常 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
Musical Baton『好きが広範囲な女の場合』
2005 / 06 / 23 ( Thu )
噂に聞いていたMusical Batonがサルサ大好きなオランダ在住げばさんから
回ってきました。

う~~~ん、いくつかの分野(例:ヘヴィメタ系)を除いてなんでも好きなワタシ。
普段はラジオをつけっぱなしで、CDを買うことがあんまりないのですが、、、
まぁ、行ってみましょー

■概要
・海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。
・音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。

■質問1:コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
約150MB。実は前のパソコンには恐るべし量の音楽ファイルがあったのに、
パソコンから火が出て、、、全てパーになっちゃった、、、無念。
(CDに焼付けが出来る環境がなかったので、パソコンの中だけで保管してました。おバカ)

■質問2:今聞いている曲
ネットする時は集中するので、音楽かかってません。。。
普段はラジオをつけっぱなしで、お気に入りステーションは、
70年代・80年代主流のになってます。

■質問3:最後に買ったCD
最後ったって、1年位前になるんですけど、、、いいんですかね?
しかもその時期何枚かまとめて購入したので、どれか思い出せません。
その上、只今CDが入った段ボール箱にまだ辿り着けてないので手元にないんですわ。
すいません、『たぶん』ってことで、検索してみて、、、
Secrets of Life(Melodies for soul)- J. Donald Walters

■質問4:よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
あぁぁ、、難しいがな。
『よく聞く』という単語は省いて、なぜか心に残ってるという感じで。

・Life is the quest for Joy- J. Donald Walters
メロディーだけのCDです。
3番目のSoul Longinが、violoncelloがものすごくよく効いていて、
身がハッとさせられる。『しっかりせいよ』みたいな。

・ELISA(エリーザ)-Almeno tu nell’universo
MIA MARTININOがオリジナルでELISAがカバーしたのですが、絶対ELISAの方が味があると思う。歌詞が大好きでしみじみとくる。

・JANET KAY(ジャネット・ケイ)
ごめんなさい、CDが手元にないものだから、曲名思い出せません。
でも声がとても大好き。

・HILLBILLY BOPS(ヒルビリー・バップス)-微熱なキブン
CMソングになっていて、この曲でこのバンドを知った。
一度耳にしただけで、大好きになって、、、残念。一度も生のライブを目にしなかったよ。

・TM NETWORK
一度もお話ししたことなかったんですけど、実はワタシの青春時代を思い出すと言えばこれ。
今なんで告白すると、友達につられてしまったんですけど。なんてこったいワタシ。

■質問5:バトンを渡す5人
さぁてと、誰にしようかなぁ、、と悩んだあげく。
・ロンドンにも在住していて今はスペインに居るコアな音楽の話しも出るばにーちゃん
・オランダ在住、昔ロック少女だった?なアナスターシャちゃん
・オーストリア在住、音楽関係の活動をされてらっしゃるカロリンさん
・パリ在住、映画が好きなきいちごさん
・日本を代表して、お料理上手なマリーナさん

無理に、ではないです~
お遊び感覚で、お時間がある時にでも。
もちろん放棄してもらっても全然かまいません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、こんなとこで。
なにせ未だ引越し後の物が片付いていなくて、CDが手元にないもんだから、
記憶で書いているとこがあって、間違ってるかもしれません。
ごめんなさいね。

みなさんのところでは、どんな音楽が出るやら?!
04 : 06 : 54 | あのさ、な徒然記 | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
事件です!
2005 / 06 / 21 ( Tue )
5日位前のある日のどしゃ雨降りの朝、いつものように早起きし、朝食を摂り、
『さて仕事にかかるか』とした矢先、うちの玄関ドアをノックする音がします。

建物の入り口インターフォンじゃないし、この時間では『おかしいな』と思ったのです。

ボブがドアを開けると隣の奥さんの慌てた声が聞こえてきました。
なのでワタシも玄関へ近づくと、、、、

……廊下が、、屋上から滝のように水が流れ落ちています。

無言ですわ。なにこれ。
隣の奥さんは「屋上の排水管の穴が詰まって、雨水が排水されず、建物の中に流れてる」と。
しかも流れ落ちている水が、うちの玄関先20センチまで溜まってきてます。
このままだと、うちの中まで水が浸入してきますがな。

ボブは大慌てで屋上へ上がり、排水管の穴を開けました。
(水が20センチは溜まってたそうで、排水管の口には苔が生えて詰まってたらしい)

ワタシはバケツと雑巾を持ってきて、廊下の掃除。
そして気がつきました、『ここがこうなら、ベランダも・・・』。

実はですね、ダンボール箱等の荷物はぜーーんぶベランダに積み重ねてあるんですよ。
一応屋根がある所に置いて、ビニールシートかぶせてあるんですけど、、、

大慌てで廊下の水取りを済ませ、ベランダへ出ると、案の定水が溜まってます。
…段ボール箱まで水とどいてるやん、、、

なにせ段ボール箱は紙ですからね、雨よけにビニールかかってますけど、
溜まり水まで避けられるようにはなってません。

キッチンへ行き竹串を握って、ベランダへ戻り排水管へとダッシュ。
見た目は詰まってないんですけど、排水管の金網の下に苔生えて詰まってますがな。
どしゃ雨に濡られながら、穴を1つ1つ突いて掃除。
すると途中で『ゴボッ』というような音がして渦をかいて排水されていきました。
…ちなみにお向かいの水もな。鬼のように吸い込まれて行きます。



と、朝っぱらから起きぬけに近い状態でこんな雨に濡れることをしてたら、
見事にあの風邪をこじらせてしまいました。

ハイ、寝込んでしまいました、、、
こんな大風邪めちゃくちゃ久しぶりです。
昔はこんな少々のことでは、大したことなかったのになぁ。

ん?どこからか『もう若くないんだから~』という声が聞こえてきそうな、、、

みなさんも御自愛くださいませね。
…ったって、この時期風邪ひいてるのワタシだけだな、、、


:追記:
屋上で水が詰まった事件。
隣の奥さんがうちのドアを開けるなり「屋上で水が詰まってる」と
即行で言ったらしいので、ワタシはちょっとおかしいと思ったんですよ。
そしたら、隣の奥さん曰く「私が来てから3年で今回2度目」だそう。
こりゃ何とかせなアキマセンな。
ったく、引越しそうそうこんなことって、、、
23 : 22 : 47 | のほほん日常 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
プロポリスの威力
2005 / 06 / 15 ( Wed )
ごめんなさい、また遠のいておりました。
ありがちな話なのですが、風邪をひいておりました。
しかも全くなワタシの不注意でした。

先月末に暑くなってきてたので、引っ越す日の前後はTシャツ1枚だったんですね、
なので、衣類を箱に詰める時に羽織る物を適当に入れちゃって。

先週急に冷たい猛風が吹いて朝はめちゃくちゃ寒くて。
でも羽織る物が見つかりません。
あちこち探すも見つからず『面倒クサイわ~~、どうせお昼前には暖かくなるはず』
と、勝気でTシャツだけで外出。
数日間頑張ってたんですけど、、、、

この前の↓ブログを書いていた時に『今晩めちゃ冷えるわ~』と思ってたんです。
そしたら夜の冷え込みではなく、ただの風邪の悪寒でした。
真夜中、喉の猛痛と寒さと体の節々が痛いのとで目が覚めました。

喉は唾液を飲み込むことさえしずらいほどの痛さ、体はパジャマが当たるだけで痛い。
「こ、、これは前に40度以上の熱が出た時と同じ症状、、、」

グーグー眠るボブをおいて、こっそり布団を出てプロポリスの濃縮液を
喉に直接たらして。

効きましたわ~~~
いや、風邪が即行で治ったってわけじゃないんですけどね、
気力も利かせて、寝床につかず、1日中働きまわることができる日々を送っている、と。

それにしても人生上手い事できてますねぇ。
もし壁のペンキ塗りを職人さんにお願いしてなかったら、と思うと。
ちょうど風邪ひいたここ数日が、ペンキ塗りの山場の日だったんですわ。

確かに動く事はできていましたが、壁を削ったり天井のペンキ塗り(経験者には
どれだけの仕事量かお分かりいただけるでしょう)みたいな重労働では
なかったですもん。

上手い事行ったことに、感謝感謝です。

未だに喉を触るだけでも痛いくらい扁桃腺が腫れてますが、
いやはや、プロポリス濃縮液、スゴイです。
最悪な状態を逃れてくれました。

今まで何度となくプロポリス濃縮液については語ってきましたが、本当おすすめです。
特に喉の弱い方。軽い風邪の初期症状にはバッチリですよ。
(*あ、同じプロポリスでもタブレットではなく、濃縮液状です)
イタリアでは、ハーブのお店『Erboristeria』や薬局で扱っているのですが。
みなさんの御近所にもあるかな?!

それでは、また。
おやすみなさい☆
04 : 58 : 27 | のほほん日常 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ペンキ塗り事情
2005 / 06 / 10 ( Fri )
本当なら職人さんが来るはずだった夕方。
電話があって、今晩はキャンセルになりました。

…ちょっと嬉しかったりして。
これでちょっぴり予定外の休憩です。

このネットが繋がらなかった間に大型の穴開けの工事は終わりました。
えぇ、もちろん工事人さん達の作業中に見かけるお約束的な
インターナショナル『半ケツ』や『はみパン』はバッチリです。
…別に嬉しくないんだけどさ

ところで、引越し直前に壁のペンキ塗りの見積もりが予想外に高かったので、
『壁塗りは私達でやってやろうやんか!』と意気込んでいたのですが……

この新居、暖房はエアコンしかないもんで、冬は全然効き目がないらしく、
前住人さんからも近所の人も「冬は寒すぎる」と聞いたので、
ガスでつかえる暖房機を設置する工事をしたんですね。
パネルヒーター(お湯がパネルに入って循環し暖を取るシステム)を寝室やバスに
備え付けたために、家中を管を通すために壁をぶち砕いてセメントで埋めて。
この他にも電気の配線とかでも壁に広範囲に渡って穴を開けました。

家中こんな感じで穴が開けられました、、、


家中の壁という壁はこんな風に穴が開けられ、埋められた表面は凸凹です。
ペンキを塗るには、まずこのセメントが塗られた上にStuccoと呼ばれる
セメントと砂とカルキ?が混ざった粘土みたいな物を塗りつけ、
乾かして、サンドペーパーで削って平らにします。

ワタシ、ペンキ塗りは、壁の汚れている部分だけをサンドペーパーで削って、
ペンキにフィクシィング剤(ペンキを壁に接着させる物)を混ぜて塗れば良いと
思っていたのですが。

、、、侮っていました。壁は7年も経つと全部削らないと、ラップみたいに
コーティングされていて、フィクシィング剤を塗っても効き目がないそうで。

しかも今回は、家中の壁という壁があんな↑状態で、
Stuccoも塗って回って、まず平らにして、、、と、ワタシ独りではとても
数日ではできそうにもなさそうです。

一応小さな物置部屋だけは、この『7年経つと全部削って…』は知らない状態で
汚れているところだけ(ってもかなり大範囲で汚れていたのですが)を削って
キレイにペンキ塗りをして仕上げたんですけどね。

ボブは引越しの日時点で、鼻血ブーな状態だったのと、肩が動かせないので
「ペンキ塗りはワタシ独りでもできる!」と言い切ってきたのですが、
これはこれは。、、Stucco塗って、、、削って、、、う~~ん、、家中こんなん、、、
『頑張れよワタシ』と自分にはっぱ聞かせてたのですが、
何度も渡るボブの説得と、気の良さそうな職人さんに出会えたのとで、
職人さんにしてもらうことにしました。

『残念、やってみたかった』と思う反面『助かった~、ふぅ~』と安堵的な思いも。
家具を注文してしまったので、配達予定日を大幅に遅らせると
預かり代金を請求されるのでそうのんびりやってられないし。
ボブは「こんな野蛮な生活はやってられないよ。もうそんなに若くないんだから」と
精神的に参っているところがあるので、これで良かったかな。
他にも沢山することがあるし。

と、今日の報告でした。
みなさん、お休みなさい~~~
04 : 10 : 39 | のほほん日常 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
お久しぶりな引越し後初登場
2005 / 06 / 09 ( Thu )
お久しぶりです。
みなさんお元気でしたか?
やっとネットが繋がった今日です(何日かかってるねんっ)

『やっぱり』という単語が似合う引越し騒動中な日々です。
やっぱり一筋縄ではいかない国だなぁとますます実感。

いろんなことがあって、ネタも沢山あったんですけどね、、

まず、引越し前日からで、ボブ。
夜、いつものように鼻をかむと、鼻血がタラーーーーっと。
まるで水道の蛇口を開けたかのように、止まりません。
ボトボトと止め処なく、、、初めてですわ、こんなん。
脱脂綿を鼻に詰めたりしてまぁ、なんとか寝たんですけど……

次の日、引越し当日も同じように、まるで噴水かのような鼻血が。
「まぁ、落ち着いてよ。じゃないと止まらへんよ」
「そんなこと言われても、、、」
「とりあえず座ってって」
こんな状態で引越しを向かえました。

結局は血圧が原因だったんですけどね。
いつものごとくボブはイライラっていうかせかせかっていうのか、、
神経質?っていうのか。
この鼻血の後は、ヘルペスなのか唇腫れました。

と、まぁこのネットが繋がらない日々にめちゃくちゃいろんなことありました。
書きたいことも沢山あるんですけど、、、、

とりあえず寝ますー。もう脳みそ寝てます。
ネットがやっと繋がったので嬉しくて無理して起きてるので、文章が成ってません。

それでは、また~



写真は今の新居のキッチンから見えた今日の夕焼けです。

キッチンからの夕方の眺め


05 : 28 : 13 | のほほん日常 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。