スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
専門医の検査・診察の待ち期間の問題
2006 / 03 / 07 ( Tue )
イタリアはホームドクター制になっていて、
具合が悪くなるとまずかかりつけのドクターのとこへ行きます。
そして検査や専門医の診察が必要だと紹介状を書いてもらって、
患者がASL(地域保険局)に行くか電話をして予約を取ります。

この予約がですね、、、地域や科によって違うと思いますが、
長いのだと4ヶ月、6ヶ月先とかあるんですよ。
散々この問題については語られてきましたが、以前はもっと
長いのがあったので、マシになってきた方なのでしょうか。

昨日、寝る前にテレビのチャンネルを替えていたら、
某政党の方が今度の選挙公約をあげていて、つい聞いていたら
この検査・診察・手術にたいする待ち期間が長すぎることについて話してました。

「私はイギリスの医療制度を勉強しました!
 今の制度を改めて、今度はドクターが患者の目の前で
 パソコンを使って保険局で予約をとる。
 もし待ち期間に納得できないなら他の保険局で予約をとり、
 それでも納得できないのなら、その時にはドクターは
 プライベートの医療へ予約をとることができる!」

この政党が選挙で勝てたらホンマにしてくれるんやろか…。

実際にボブの例を挙げて、どんなに待ち期間が長いのかと言うと、
うちの地域の整形外科の診察予約は1ヶ月先だったんですが、
診てもらっても、でもそこでは足の手術は膝までしかしないんですよ。
足首はローマへ行ってくださいと言われて、またローマの整形外科の診察予約を
取り直したら、、、4ヶ月先。そしてやっと診察してもらっても、
手術のための待ち期間が2年なんです。
それくらいウェイティング・リストが長いんですよ。

確かにボブみたいな足の怪我をした時にはめこまれたネジ等の摘出手術は
臓器関係の問題のように命に関らないので、長くなるのかもしれませんが…。
2年は長すぎやしませんかね?どうなんでしょう、各国のみなさん。

将来に期待するしか無いですね。
 
 
さて、ボブの手術は明日にせまりました。
ウェイティング・リストがものすごく長くてですね、どうなるかと
思っていたのですが、肩の手術をしてくれた執刀医に話してみると
「デイ・サービスでなら特別にしてあげます」とおっしゃってくれて。
明日の朝、予約患者の手術が始まる前に執刀してくれます。

この冬ものすごく痛みが伴って苦しんでいたので、良かった~てとこです。
その実ドキドキもしてたりするのですが。

結構遠距離にあるクリニックでしかも朝6時半には到着必須なので
親切な友人に車で送ってもらえることになりました。
…Jr.?!ウガーー!ものすごーーーく毒を吐きたいとこなのですが、
この間吐いたとこなので、今回は押さえることにします。。。

とりあえず明日です。いってきます。
スポンサーサイト
03 : 22 : 16 | イタリアっぽい(文字で) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<おかげさまで無事成功に終わりました | ホーム | …そしてマッサージをする日>>
コメント
----

手術の成功、祈ってマス。
by: アナスターシャ * 2006/03/06 21:30 * URL [ 編集] | page top↑
----

デイ・サービスって。。。そんな。。。
何でも交渉次第なのかしら???
無事に終わる事をお祈りします。
by: きいちご * 2006/03/06 22:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

ボブさん手術ガンバレーー。

ららちゃんもサポート大変だと思うけどがんばって。

イギリスも待つで~~。
よっぽど緊急の場合目の前で電話してくれたりするけど、たいてい担当の人が電話口に出てこれないので留守電にメッセージ残すだけ。電話してもなにせ文書社会だからホームドクターが手紙書いて病院に受理されたからじゃないと予約の返事は来ないし。
それも緊急じゃないと何ヶ月も先の日にち指定されるし。

でも緊急(命にかかわるような)の場合の対応、技術はすばらしいと思いますが、、、反対に言えば生死にかかわるような状態になるまで相手にしてくれないというか。(爆)
by: ばにー * 2006/03/07 00:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

◆アナちゃん
ありがとう~☆ おかげさまで傷口もキレイだそう。良かったわ。



◆きいちゃん
心臓のピースメーカーのバッテリー交換もデイ・サービスでやっちゃうそうよ。
友人がそうなるとこでね、でもドクターに云々と言い続けて入院したんだけど。
ありがとうね~☆



◆ばにちゃん
ありがとう~☆ 
しかしイギリスもそんなに待つんだね?!
あの選挙公約ではいかに優秀でスピーディかのように謳ってたんだけど、、、
結局は逃げ道があるんじゃぁね…(爆)
by: らら * 2006/03/09 17:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

↑上のコメント見ると手術はうまくいったのかな?
ボブさん自身はどう?元気だった?
なにはともあれ、一段落だね。
今度はららちゃんが倒れないようにゆっくり体を休めてね。
なかなかそうもいかないんだろうけど。。。
お大事にね。
by: マリーナ * 2006/03/09 21:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

◆マリーナさん
あ、本当だ。私ってば書き忘れてるやん(爆)

おかげさまで、無事上手く終わりました。
全身麻酔だったので、思わぬハプニングが帰り際に起こり、体力激消耗だったのですが、今日は松葉杖ついて家の中歩きまわったりもしてました。
…その後シャワー浴びたら、私もその場にいたってのに変な立ち上がり方して腰激痛(爆)もうなにやってんだか…。

ありがとうございます~☆
by: らら * 2006/03/10 15:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fambob.blog10.fc2.com/tb.php/267-f06ee881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。