スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
移民局、阿鼻叫喚地獄絵図の巻
2007 / 06 / 27 ( Wed )
移民局へ行ってきました。滞在許可書の件で。
先日のことがあり、問い合わせると「移民局へ行け」と言われ、
9時の予約でした。

うちは車無しなんで、公共の交通機関を利用しています。
乗り継ぎが何度かあるので、上手く行かない場合を計算して、
早めにうちを出たんですね。
ネットで行き先を調べると「○×駅からは15分間隔でバス発車」なぁんて
書いてあったのに。あぁ。30分は待ってやっときましたよ。
そしてそのバスには「移民局」と電光表示板が出てあり、
まるで『外国人御一行様』と歓迎されているかのような気分で和む私達。
待っていた外国人のみなさま一緒に「専用バスみたいね♪」と盛り上がる。

・・・が。渋滞に巻き込まれてですね、バスが進まんのですよ。
もう時間に間に合わへんのんとちゃうかとヤキモキしてやっと着いたのが
9時5分。時間に遅れると予約がキャンセルされることがあるので、
ビビリながら小走りで入って、受付のお姉さんに予約の紙を見せて
説明すると、「はい」と60番の番号。『54人の人が待っています』の文字が・・・。

「9時に予約があるのですが」
「そういう人が何人もいるのよ。順番に待たなきゃ」

え?!『9時に予約がある』人が複数いるんですか??
そして予約無しの人と一緒に着いた順に番号待ちするとは。
なぜ予約を出すのだろう?全く無意味なように思えるのですが。
腑に落ちない部分があったのですが、とりあえず待つことに。

待ってる間にいろんなこと見ましたよー
難民系らしい移民の方が窓口にいらしたんだけど、段々声をあげていって、
そのうち「もう私はやってられない」や「何度も足を運んできたのに」と
大声で言い出し始めて。そのうち屈辱な言葉も出て。
で、その人の窓口はふさがってるわけですよ。文句を言うだけで
手続きは進んでいないのは見ているだけで分かります。
私が気がついたときには20分は過ぎていたので、もっと時間は経ったでしょう。
そしたらいきなり外国人妻の同伴者として来たイタリア男性が立ち上がり
「ええ加減にしろよ!みんな待ってるんだぜ!さっさと切り上げろよ!!」
と大声で怒り爆発。そしたらその移民の方の同伴者もキレちゃって
「なに言うてんねん!あっち行けや!」と暴言まで出て炸裂。
周りもざわざわしだして、なんか人も集まってきちゃうし。
そのうちガードマンみたいな人と受付のお姉さんがきて、落ち着かせたのですが。

他には、たまにあっちの窓口からそっちの窓口に流される場合があるのか、
人が流れるんですよ。そしたらこの伊人男、何度か立ち上がり
「ちゃんと番号待ちしろよ!横入りすんなよ!!そんな狡い手使うな!」
と大きい声で近寄って怒鳴るんですよ。でも『狡い手』を使ったわけじゃないわけで。

なんか殺気立ってるなぁと思っていたら、まだこんなん序の口でしたよ!
イタリアでは妊婦さんは優先させるという法律があり、どこに行っても
列につかなくてすむようになってるんですね。
そしてこれは私は知らなかったのですが、月齢3ヶ月以下の乳児を連れている場合も
列に並ばなくてもいいと法律にあるようです。
移民局でも同じことなので優先されて、番号通りに進まないときもあるんです。

ちょくちょく受付のお姉さんは、こんな人たちを窓口に直接案内して
優先させて通していたのですが、そんな時。

小さな小さな赤ちゃんを抱っこした外国人女性が窓口に近寄ると
前出の伊人男がまた登場です。
「いい加減にしろよ!ちゃんと並べよ!順番があるんじゃ!!」
めちゃくちゃ大きい声で、言葉使いも綺麗とはいえず。
でも外国人女性も負けちゃあいません。
「月齢3ヶ月以下の『子供』を連れている場合優先される法律がイタリアにはあるのよ!」
そして外国人女性の夫と見られるイタリア人男性登場。
夫「そうだよ!僕たちにかまうなよ」
男「何言うとんじゃ!俺にも『子供』がおるんや!」
妻「それじゃあ、なぜあなたは受付の女性に言わなかったのよ。
  あなたが受付に言わなくて優先されないのは、私達のせいじゃないわ。」
男「とりあえず俺にも『子供』がおって、あんたたちより先に来てるんやから
  俺らが先に窓口にいく権利がある!」
夫「僕たちは知らないよ。僕たちはきちんと受付を通したんだから、僕たちの番だ」
男「俺にも『子供』がおるんじゃ!法の下には皆平等じゃ!
  (『子供』を)連れてきてやる!」

…と、3ヶ月乳児に対抗していた、連れてきた男の『子供』というのが、
どう幼くみても二桁の歳にはいってるだろう男の子…。でかいんですよ。
無理矢理抱っこをして連れてきてはいても、やっぱり大きい。

夫「そんな11歳の少年と3ヶ月の乳児を一緒にするのか!?」
男「法の下には皆平等じゃ!子供は子供じゃ!法の下には皆平等じゃあああ」

『法の下には皆平等』を繰り返すばかりで、そのうちこの男の妻まで
近寄ってきて、一緒に大声で怒鳴ってます。

こんな調子でずーっと怒鳴りあっているんで会場全体に聞えわたってるんですよ。
そしてですね、会場内には小さな子供、それも乳児を連れた外国人同士の夫婦が沢山いました。
彼たちはこんなことを聞いた、しかも11歳の子供連れを『優先』させようとしているもんやから、
聞き逃せない。側に座ってる旦那を肘でこづいて「あんたも窓口に近寄ってきな」とサインを送り、
わらわらと人が集まって・・・

会場内は阿鼻叫喚地獄絵図。
喚いている人・怒鳴ってる人がいるし、目が覚めて泣き出す乳児は
いるわ、ただでさえ暑いからぐずってる子供もいるのにもっとぐずりだしたり
警備官が出てきて落ち着くように体制とっても、人が多すぎて効き目がいまいち。
そして窓口の前で怒鳴ってるもんだから、他の窓口で声が全然聞えなくて
そこでも業務がストップしちゃってるんですよ。
もう凄かったですよ。

この地獄絵図出来事、1時間ちょいの間で全て繰り広げられました。
その間、進んだ番号は、13番だけて・・・。みんな騒いでるからだよ。

でも観察してると、騒ぎ立てたりしてるのって、イタリア人の男性(付き添い)のような。
前出の男性達以外にも、ウロウロと歩き回り、ガードマンにたてついて
物を言ってるイタリア人男性二人ほど見たし。
あと東欧州出身女性の方も気が強い方が結構いらして。
反面、フィリピン人やバングラデシュ人はおとなしいというか。

待ってる間に中東系の人に窓口と番号について聞かれて、
答えたんだけど、顔が『?』マークだったので、
「分かってもらえなかったなぁ」と思っていたら、また戻っていらして。
同じこと聞くんですね。今度はボブが「エジプト人だろ?」ときくと
そうだったので、アラビア語で説明したんですよ。
母国語やったら分かってもらえると思ったんだけど、それでも『?』マークが。
ボブは「まだ分かってなさそうやな」と言って。
で、ふと気がついたんですよ。もしかしたら、初めての体験で待ち人数が多くて
理解できてないんじゃないかな、と。
彼は111番号を持っていたんですけど、その時の電光表示板は
23番を示していました。そう、彼の前に90人ほどの人が待ってるんですよ。

私も初めの頃、よく似た経験して説明受けても理解できてないことがありました。
そうボブに言ったら「あぁ、そうか」と。で、また近寄ってきたんですよ!エジプト人。
それでボブがアラビア語で「90人ほどの人が待っていて・・・」と説明すると
やっと分かったようで。
全然進まない電光表示板を眺めていると、理解できないのはしゃあないでしょう。

へたな映画をみるより、ドキドキ・ハラハラ・エモーションを感じることができる移民局。
日常に刺激が足りない方にはおすすめです。


あ、私の滞在許可書。
移民局から警察署を通して「来い」と言われたのに、
「来なくても良かったのに」て言われました・・・。誰が「来い」て言うたんや。
書類審査はとおっていて、呼び出しを待て、らしいです。。
なんのために行ったのかわかりませんが、、、あぁそうか。エモーションのためか。
スポンサーサイト
02 : 41 : 16 | 滞在許可書や保険カードの話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<新しい電車を導入しても | ホーム | そういう方向に訴えないと効き目がないのかな>>
コメント
--ひゃーっ!--

ららさん、こんにちは!
地獄絵図・・傍目に見てる分には刺激的だけれど、影響を蒙る人はたまったもんじゃないですね。 しかし、、9時からと言われてる人が何でそんなにいっぱい居るんですかね??頭が悪すぎるとしか言いようが無い!自分達も行列を見てイライラするだろうに。
でも・・ららさん行かなくて良かったんですか?!これまた人によって言うことが違うからやってられませんねv-42
by: Makiko * 2007/06/26 20:54 * URL [ 編集] | page top↑
--謎が解けました--

この『9時予約の人沢山続出』の謎が解けました。クエストゥーラの人に教えてもらいました。
滞在許可書の手続きをした後、呼び出しで9時と言われるらしいです、みんなに。本当かどうか・・・?
でも病院にはそんなシステムが実際にあるんですよ。以前にこのページ
http://fambob.blog10.fc2.com/blog-entry-9.html
に書いたのですが。みんなに同じ時間に呼び出しかけるんですよ。だから平気で4時間待ちとかしてました。計画を建てるというかorganizzareできないイタリア人には他に案をみつけるだなんて無理なのでしょうね、きっと。

で、そうそう。私、行かなくて良かったって。なんやもう呆れるのを通り越して脱力しかないですよ。めちゃくちゃ暑かったのに。
しかもですね。配偶者がイタリア国籍などの家族が理由(motivo famigliare)で申請した場合は、郵便局から送らないで、直接移民局(ufficio immigrazione)へ行って提出した方が、手続きは簡単だったそうです。「なぜそうしなかったんだ?」って聞かれましたよ。
そんなんいろんな人に聞いても、クエストゥーラ行ってたずねてもみんな「Kitを入手して記入して郵便局から送れ」って言うたやん!むかー。
ほんと人によって言うことが違うからやってられない。
by: らら * 2007/06/27 13:35 * URL [ 編集] | page top↑
--すげー--

笑えたけどね。
想像できるよ。スペインも似たようなもんだから。
しかもあいつら(失礼!)ラテン系、文句言わずに待ってたとしても内輪のおしゃべりだけでも、ただでさえうるさくて人数そろうとすげーー、騒ぎじゃないですか??

スペインではいろいろ翻弄させたれたけど、イギリスの永住権は郵送ですんなりとっちゃったしなぁ。
イギリスでも朝早くから並んだり、郵送したら何ヶ月も戻ってくなかったりするらしいけど、私は2週間で無事戻ってきたし。

イギリスも今大変になってるらしいけどねぇ。永住権貰うのもイギリスについて試験受けなきゃいけないらしいし、ビザも十数万円ぐらいお金払うらしい。
私の時代は結婚して一年で無料で永住権もすぐらえたのに。

保険カードもらうの紙に記入して送っただけで私に対しての審査とか何もなかったですねぇ。

イギリスも完璧じゃないし、天気も悪いけどスペインに比べればよっぽど精神衛生上にはいいですねぇ。
ららちゃん夫婦もやっぱりオランダに移住??(笑)
by: ばに * 2007/06/27 18:00 * URL [ 編集] | page top↑
--やってられへんで--

スペインもすごそうねぇ。そうそう、ただでさえ普通のおしゃべりがうるさいのに、人が集まるともっとボリュームアップ。しかも感情が入るとますます・・・ステレオ効果というかなんというか。

イギリスも大変になってきてるんだ!
ビザに十数万円?!ひぃ~。お金持ちやないと手が出ませんやん・・・。
ばにちゃん、早めに永住権持っててよかったね。

今回無期限の滞在許可書を申請してるんだけど、でもこれ、結局は5年毎に更新(?)しないといけないのね。写真を添付して送付して・・・。と、同じ手順を踏まないといけないわけで。確かに期限有と無期限とは違うんだけど。あんま状況変わってないような・・・

いやほんと、ここは天気は良くて観光最高だけど、精神衛生上悪い悪い。
今日は郵便局行ったけど、余裕で40分は待ったし、その間また窓口で大声で文句言ってるおじいちゃん見たし。
窓口で「あなたが並びなおせって言ったじゃないですか。それなのにまたあっち行けってどういうことですか」って言ってるのね、そしたら窓口のおばさん怒っちゃって、文句言ってる。並び直させたのあんたなのに・・・。しかも相手はもうかなりのお歳いってて弱ってるおじいさんなのに・・・。

そしてこの後店で65センスのを2つ買ったら1,50センスとられた。小さい店だったので、わざわざ陳列棚までよって値段を指差して「65センスって書いてありますよ」って言ったら「それは違う物の値段だ」て。
同じものを2箇所別のとこに並べてあって、どっちとも65センスって値段表がありますが、それでも違う物の値段だそうです。

毎日こんなんでっせ。もうやってられへんで。

ばにちゃん夫婦がイギリス戻るって聞いたそき、少しもったいないなと思ったけど、精神衛生上から考えるとものすごく分かるわー。
ほんとオランダ行けるなら行きたいよ。まだしばらくは夢のままだけど・・・。いつかは・・・v-42
by: らら * 2007/06/27 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fambob.blog10.fc2.com/tb.php/346-7f2bc4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。