スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
おフランス:ルルド編-1(ルルドの泉)
2007 / 08 / 03 ( Fri )
…今ここ開いてものすごくびっくりしました。
昨日の夜、書いていた途中だったので、公開にせず、保存して終了しました。 
と、思ってたもんですから。
いきなり表示したんで驚きましたよ! て、私がしたんですが。
あぁもう和みすぎて大ボケもええとこですよ。

こほん。気を取り直して。

フランス旅行から帰ってきて、バタバタして、落ち着いたわ~と
和んでたらもう8月ですよ、奥さん!びっくりですわ。
せっかく行ってきたので、少しだけでも写真で共有できたらな、と思い、
ちょっとアップしてみます。

今回はフランスはルルド、ビアリッツ、パリと回りました。
ルルドは、ピレネー山脈の麓に位置しています。
奇跡の泉があることで知られてます。

 ルルドの泉
・1844年1月7日、ベルナデットは産まれ、両親と共に裕福ではないながらも幸せに暮らしていました。10歳のとき、父親の仕事が上手くいかなくなり、生活はかなり苦しくなりますが、家族の絆は強く、なんとか暮らしていきます。
・1858年2月11日、ベルナデット14歳の時です。姉(?妹?)と友人と一緒に薪をとりに来ていました。対岸にある洞窟のほうへ川を渡ろうと靴を脱いでいたとき、風が吹いたようなそんな音を聞きます。洞窟の側へ顔を挙げると、白い服を着て青い帯を締め、足元には黄色いバラがある女性が立っていました(一度目の出現)。一緒にロザリオの祈りを捧げ、祈りが終わると同時に女性は消えてしまいます。
・同年2月25日、九度目の出現です。女性はベルナデットに泉のところへ行って水を飲むように言います。ベルナデットは言われた場所へ行きましたが、ぬかるんでいるだけです。手で掘ると泥水が出てきて、飲むことができました。そして女性に言われたとおり、そばに生えていた草も食べます。そしてそこからこんこんと綺麗な水が湧き出てきました。
今でも湧き続けるルルドの泉
現在も湧き続けています。
(*洞窟内は少々暗くて写真もぼけていたので、湧き出ているのを見ていただきたく、色はコントラストを強めました)


橋を渡った向こうにバジリカへと続く門があります。
ルルド。橋を渡ると、、、


門を入ると、右手に簡単な聖ベルナデットとルルドについてのお話が絵と共にあり、
『ようこそ!』とあります。座って休憩できたりもします。
手入れが利いている大きな庭を歩いて行くと、バジリカがあります。
ルルド。バジリカ


バジリカに面して、大きな聖母さまの像があります。
バジリカに対面して
ベルナデットが見たように、白い服を着て青い帯を締めてらっしゃいます。

バジリカを左手に進むと、泉が湧く洞窟に入れるようになっています。
バジリカを左手に進んでいくと
11時から入れるようになっており、直後はツアーでいらしている方たちで長い行列。
一番空いた時間は12時半から13時頃です(みんな昼食を採る時間)。
ルルド滞在中何度か来たのですが、この時間帯だとほとんど並ばず入れたときもありました。
列を進んでいき、洞窟が近づいてきて、、、
泉がある洞窟へ
写真真ん中ほどに聖母さまの像があるのが見えるでしょうか。アップの写真はこちらです。
洞窟右上にある聖母さま


お水は、持って帰られるようになってます。
洞窟へたどり着く前に左手、岩沿いに蛇口が沢山並んであり、
みんな飲んだり、容器に詰めて持って帰っていました。
(容器は、バジリカに着く前にお土産屋で購入できます)

そして、この水に浸かることもできるようです。
私達はしなかったのですが、何人かの人が並んでらっしゃいました。
予約なのでしょうか?良く分からないのですが、日や時間によっては、
聞えてくるお祈りの言葉がイタリア語の日もありました。
お水に入りたい方は、事前に調べたほうが良さそうですね。

ルルドには、病気や障害を持った方たちも沢山礼拝にいらっしゃいます。
ボランティアで支えられていて、車椅子の方はもちろん、
起き上がることができないようなかたでも、担架の上に乗せられて
参加できるようになっています。
ボランティアの方も含めて、みなさん一緒に和気藹々とされていて、
持ちつ持たれつなんだなぁと感じました。

ルルドに興味をもたれた方は、こちら公式のルルド案内サイトもご覧いただけます。
ルルドは来年、150周年記念(聖母さま出現)を迎えます。
興味をもたれた方は、こちら公式のルルド案内サイトもご覧いただけます。
サイトの右手下には、ウェブカムもあり、ルルドの様子も見れるようですよ。
スポンサーサイト
03 : 40 : 01 | ちょこっと旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おフランス:ルルド編-2 (ルルド観光・前編) | ホーム | 眼鏡発見>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fambob.blog10.fc2.com/tb.php/355-bec5d446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。