スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
おフランス:ルルド編-3 (ルルド観光:後編)
2007 / 08 / 05 ( Sun )
ルルドの城砦の続き:後編です。
(ひとつ前が前編になってます。同じく、写真はクリックで大きくなります)

さて、ここで、お庭に出て、植物を見学しました。お手入れがすごく利いていて、
沢山の植物があるんですよ。そしたらふと出てきたのが、ミニチュア!
庭にあるミニチュア01
ものすごく細かく綺麗に作られてありました。
庭にあるミニチュア02
側に木を植えたりして、でも手入れしてミニサイズを保つようにしてあったり。
庭にあるミニチュア03
かなりの数がありました。これは後ろから撮った写真ですが…
庭にあるミニチュア、を後ろからみたら
沢山並んでいるでしょう?(ちょっと青丸の印をつけてみたのですが分かるかな)

散策をしていると、見張りのおじさんがいらして
「墓地も見に行ってごらんよ。見逃せないよ」とお薦めしてくださったので
行ってきましたよ。途中通ったとこには、
昔、な模型
こんな昔を思い浮かべる城砦の小さな模型も。

ずんずんと歩いて・・・
墓地へ向けて、ずんずんと・・・
歩いて行くと、やっとありました。墓地が。入り口に簡単な説明もあってね、
そばに模型もあったんだけど。
昔の墓は・・・
なんでも当時(1800年代の墓碑もあったのでその頃と思う)は
こんな風に穴を掘ったところに、鉄製の枠をはめていて、
遺体をこの鉄製の棒の上に置いたそうです。
左上の丸いところに頭がいくように。
そして後にご家族の誰かが亡くなると、またこの墓を開けて、
この鉄製の棒の上に遺体を置いていたそうです。
ん?前の遺体があるだろうって?
それが、時間が経つと共に遺体は風化し、
鉄製の棒の下に骨が落ちる仕組みになっているんですね~。
でも、説明にもあったんだけど、この仕組みのせいで、
1つの墓に何人もの骨があり、一体誰の骨か分からなかったそうです。

中に入っていくと、小さい墓地でした。墓の数も少なくて(これは↑が理由か!?)。
1839年の墓碑もあったりして。個性的な十字架もあったり。
当時の流行だったのかなぁと勝手に想像したり…。

またずんずんと歩いて戻ってきたら、また見張りのおじさんに会いました。
「興味深かっただろう?」って。
あのお墓システムの仕組みが知れただけでも興味深かったですよ!

塔も上まで昇れるようになって、途中途中で扉があり、牢屋として使われていたようです。
17世紀-18世紀の牢屋
一室で中が見れるように戸が開いていましたが、いや、なんとも。
小さい小さい窓が上の方に1つあるだけで、天気が悪かったあの日の
日中でも日が差していませんでした。もちろん水道なんて通ってないから…。
せっまい螺旋階段を昇っていくと、どうやら全部の部屋が牢屋みたいでした。
「看守さんも見回るの大変やな」とボブと言いながら昇っていったのですが。
たどり着いた部屋には、バジリカの上層部が造られていたときの写真が展示してありました。
塔の上で


さて、ここ、城砦は興味深かったです。ルルドの歴史が知れました。
見ることが結構あって、一つ一つをしっかり見て回ったら、あっという間に
時間が経ちます。でね、ここは、お昼の時間、2時間ほど閉まっちゃうんですよ。
観光客は、退出させられるんですね。
でもチケットを入り口で見せると、また午後から追加料金なしで入れる、と。
なのでこのチケットをしっかり保管しておかないといけません。
(私、チケットって呼んでますが、普通のごく小さいレシートなので
 うっかりすると失くしてしまいそうでした)
私達は城砦を出て、ゆっくり食事をして、休憩して、また戻ってきました。
また同じところを見て回っても何も言われないし、天気が悪かったせいか、
そんなに観光客もいず、ほぼ貸切状態でゆったり回って本当楽しかったです。

途中、真面目な歴史の展示をしてるってのに、あまりにもシュールなマネキンに
もう、最高です。このマネキン
二人揃って「おぉーーーっ」。
できれば写真をクリックして、大きくしてみてください。
鼻の横にイボ?みたいなものも作ってあってですね、リアルなんですよ。
しかも表情も少しはにかんだような笑顔。血色もええし。
あぁ、最高。いろんな意味でものすごく楽しめました、城砦。
スポンサーサイト
04 : 12 : 54 | ちょこっと旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おフランス:ルルド編-4 (ルルド諸々) | ホーム | おフランス:ルルド編-2 (ルルド観光・前編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fambob.blog10.fc2.com/tb.php/358-c03c4a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。